尾崎優策インタビュー

人を知る

Ozaki Yusaku

尾崎優策インタビュー
  • 2019年4月入社(新卒)
  • システムエンジニア

尾崎 優策

年数関係なく
色々な経験ができる環境

アットホームな面接が印象的でした

大学では経済学部でしたので周りは金融などに就職を希望している人も多かったのですが、僕はIT企業をメインに就職活動をしていました。ITに興味があったというよりも楽しそうな印象だったので・・・(笑)
リアルソフトの最初の印象は親しみやすそうな雰囲気ということ。面接も堅苦しいものではなく雑談も踏まえながらアットホームな面接で、僕が希望していた雰囲気にとても合っていました。この面接の時に感じた印象は実際入社しても同じです。

尾崎優策

文系出身新卒、ゼロからのスタート

僕はシステムどころかパソコンもあまり触ったことがなく、本当にゼロからのスタートでした。
最初は初めて聞く用語が多くて、大変というより慣れないことが多かったですが、1週間ほどすると用語にも慣れてきました。プログラミング自体は研修で基礎から教えてくれるので、それほど大変だった記憶はありません。その理由としては、丁寧に教えてくれるというのもありますが、わからないことがあったら質問できる環境があるからだと思います。 わからないことがあった時に先輩の顔色を伺いながら・・・など無縁の会社です(笑)

尾崎優策

色々なチャンスが訪れる環境

今は主に生産管理パッケージの開発に携わっています。
これまでに一番印象に残っていることは、1年目に1人で3ヶ月大阪出張に行ったことですね。
リアルソフトはSESではなく受託開発案件のため基本的に社内で仕事をしています。そんな環境の中で、社外の人と3ヶ月一緒に仕事をする経験は、とても刺激を受けましたしスキルアップにも繋がった出来事でした。

1年目でこのような出張は異例だったようですが、年数など関係なくこのような経験ができるのもリアルソフトならではないでしょうか。
現在は、プログラム開発をメインに従事していますが、今後はコンサルタントとしてお客様のプロジェクトをまとめていけるようになることを目標にしています。

尾崎優策

メリハリのある職場

リアルソフトは楽しく仕事をする人が多いですね。 楽しく仕事するっておしゃべりしながらダラダラするのではなく、やる時はやる、楽しく会話する時は楽しく。とメリハリがあります。 その分、仕事に対しての責任感が強い人たちばかりです。楽しいことが大好きで自己管理ができる人にはリアルソフトは最高の職場だと思います。

My Favorite

尾崎優策

ポールスミス

デザインが好きで、高校の時から集めています。
会社にネックレスをつけていくこともあります。

TOP