インタビュー:上原 昇太

人を知る

Uehara Shota

インタビュー:上原 昇太
  • 2016年入社 新卒採用
  • テクニカルコンサルタント 
    主任

上原 昇太

コミュニケーションが盛んで
メンバー同士高め合える会社

SES系から受託系への転職

リアルソフトに入社する前は、案件ごとに客先に出向いて仕事をするスタイル、いわゆるSES系のIT企業に勤めていました。転職の決め手は、前よりお給料の条件がよかったので・・・(笑)それ以外はあまり深く考えていなかったのですが、結果として転職してよかったです。

IT企業という点では同じですがリアルソフトは受託系なので働き方が全く違います。
SESだと案件ごとに勤務先も変わり必然と一緒に働く人も変わるので、今あるプロジェクトを完成させることが第一で、メンバー同士高め合うという姿勢は少ないように思います。
その点、今は自社で案件に取り組んでいくので、自分から色々提案したり、会社の人とお互い高め合いながら働けます。色々な案件を通して自分の強みを伸ばしていきやすいので、僕にとっては働きやすい環境ですね。

インタビュー:上原 昇太インタビュー:上原 昇太

未経験からSEヘ、そしてテクニカルコンサルへキャリアアップ

僕は前職ではプログラマーではなかったので、リアルソフトに入社をしてから技術を一から学びました。 最初の頃はわからないことだらけで大変でした。でもその頃の経験が今のテクニカルコンサルタントとして役立っています。
今の仕事は、技術面でのフォロー全般をサポートする仕事で、具体的には、お客様が自分たちでシステムを使っていけるように、お客様に技術面について教育をしたり、環境の構築をしたりします。

お客様の知識もそれぞれで初心者の方もいます。機械的に伝えるのではなく、どうやって伝えると理解してもらいやすいか、どこを注力して伝えるべきか、専門用語の使い方なども、自分の経験を踏まえてお客様の立場に立って伝えられるのが僕の強みだと思っています。

インタビュー:上原 昇太インタビュー:上原 昇太

コミュニケーションは大事

リアルソフトは、人とのコミュニケーションが嫌いじゃない人が向いていると思います。
SEというとPCに向かって黙々と仕事をするイメージがあるかも知れませんが、リアルソフトではお客様との打ち合わせに参加したり、コミュニケーションを取る場面があります。僕も1年目からお客様と会話する場面がありました。
あと社内でのコミュニケーションも多いです。言われたことをやるのではなく、より良い仕事ができるように自分の考えを言って周りの意見も聞いて進めていく会社なのでコミュニケーションは大事ですね。
プログラムは初めからできなくても、研修もありますし周りの仲間の協力と、自分の頑張りで身につけていくことができる環境なので大丈夫です。僕もそうでしたから(笑)

いろんな可能性がある会社

リアルソフトは自分のやりたいことがあればそれを叶えられる可能性がある会社ですね。 自分が「こんなことやりたい」と声に出せば、周りも聞いてくれて力を貸してくれる会社です。 なのでこれからいろんな可能性がある会社だと僕は感じています。
僕の次の目標は・・・課長になることかな? 肩書きが欲しいというより、その肩書きに見合った仕事ができる人になりたいですね。

My Favorite

ONE OK ROCK

ONE OK ROCK

高校で友人から「ONEOKROCK」をお勧めされて聴き始めました。
勧めてきた友人は「完全感覚Dreamer」を聴いて欲しかったようですが、自分は「じぶんROCK」の歌詞に惹かれ、「ONEOKROCK」を聴くようになりました。「ONEOKROCK」を好きになりギターを購入したのも思い出ですが、一切弾けないです。
いまでも「ONEOKROCK」は通勤時はもちろん仕事中にも常に聴いています。

TOP