杉江未来インタビュー

人を知る

Sugie Miki

杉江未来インタビュー
  • 2020年6月入社(中途)
  • 人事部

杉江 未来

この良い空気感を求職者の
みなさまにお届けしたい

いいなぁと思っていた会社に入社できたご縁

私は働きながらの転職活動ではなく前職を退職した後に転職活動をしました。というのも前職はとても忙しい職場で心身共疲れてしまい、少し休みたいなと思っておりまして、転職活動も「良いところがあれば」という少し消極的な状況でした。

そんなときリアルソフトで働いていた友人が「ちょうど人事を募集しているよ」と紹介をしてくれました。
友人からは以前より「仕事だから大変なこともあるけど、上司も周りもすごく人がいい人ばかりで、とても働きやすい」と聞いており「うらましい・・・!!」と思っていたので、自分の退職と募集中のタイミングにご縁を感じて入社いたしました。

杉江未来

求職者のファーストコンタクトである意識

人事部の主な業務は、新卒・中途採用の募集媒体の選定や募集記事の作成。ツイッターを使っての会社の魅力を伝えたりする広報寄りのこともしています。
また、応募があった方とのやりとりも人事の仕事です。応募者の皆さんが一番初めにリアルソフトと接するのが基本的に私になりますので、私の印象が会社の印象につながりやすいと考えています。そのためメールの文章や電話の対応などは親しみを持ちつつも、しっかり対応することを心がけています。

社長の人柄の良さが伝染している会社

リアルソフトで働き始めて思うことは「めちゃくちゃ働きやすい!」ということです。
一言で言うと「自由」でしょうか。自由って伝え方が難しいのですが、やるべき大枠はあるけれど、それを達成するためにどのようなプロセスを取るか、どう改善していくかなどについては、自ら提案してやらせてもらえる自由があります。
また私は人事担当ですので、エンジニアの皆さんとは業務で関わることは少ないのですが、部署など関係なくコミュニケーションが活発な会社です。

杉江未来

このような社風は板崎社長の影響が大きいですね。
私のデスクは社長と近く業務的にも社長と関わることが多いのですが、どうしたら社員が働きやすいか、楽しく働けるか、と常に社員のことを思っているのが伝わってきます。
そしてフランク。社内でslackを利用しているのですが、絵文字が入っていたり、みんながコミュニケーションを取りやすい空気を作ってくださいますね。

求人募集の記事を作成したりする上で、社員の人に色々ヒアリングもしますが、驚くほどに「雰囲気が良い」「人が良い」「社長の人柄が良い」と、みんなが口を揃えて言います。
内部からのこのような意見は、外部になかなか伝わりにくいと思うのですが、それをいかに求職者の皆様にお伝えできるかが私の使命だと思っています(笑)

杉江未来

チャンスは誰にでもある会社

リアルソフトに向いている人ってどんな人かな?と常日頃考えています。
・チームで仕事をすることが多いので、他人への思いやりなどを大切にできる人
・コミュニケーションをとりながら仕事をしたい人
・色々なことにチャレンジすることを楽しめる人
あげたらきりがないのですが、こんな感じでしょうか。

未経験からスタートした方もたくさんいますし、とにかく本人次第でチャンスは誰にでもある会社です。
今どんどん大きくなっている会社ですので、これから新しい制度ができたり、変化もたくさんあると思います。そんな変化も一緒に楽しんでいただきたいです。
ぜひ一度遊びにきてください!

My Favorite

杉江未来

中日ドラゴンズ

初めて観戦した野球の試合がきっかけでファンになりました。
ドラゴンズファンの友人の影響で、野球のルールより先に選手を覚えて、次に応援歌を覚えて、最後にやっと野球のルールを覚えました(笑) 女性ファン用のグッズもたくさんあるんですよ♪

TOP