中島麻織インタビュー

人を知る

Nakajima Mao

中島麻織インタビュー
  • 2020年12月入社(中途)
  • システムエンジニア

中島 麻織

「何をするか」よりも
「誰と働くか」

育児と仕事の両立ができる会社

子供が2人いますので育児と両立できる会社を探していました。
まず勤務時間が合うこと。そして同じような境遇の方がいると安心でしたので社内に育児をしている方がいらっしゃる会社、そして「チームで働く」ことをしている会社が希望でした。

中島麻織

求人サイトでリアルソフトを知りまして、オンライン面接をさせていただき、自分の理想と合っていると感じ入社を決めました。面接がオンラインだったので入社前に一度訪問したのですが、想像していたよりも良い社内の雰囲気と、オフィスがきれいでびっくりしたことを覚えています。
子供がまだ小さいので仕事と家事の両立はやはり大変な部分もありますが、時短勤務(9:30〜16:30)でバランスを取りながらやっています。
コツは・・・そうですね、平日はあまり家事を頑張りすぎないことでしょうか(笑)あと主人が協力的なので助かっています。

これまでのスキルを活かして
使いやすいシステムを作りたい

転職前は会社のことで色々とモヤモヤした気持ちになることが多かったのですが、今はすごく良い人たちと働きやすい環境で仕事ができているので、マイナスの気持ちを持たずに仕事ができています。仕事も当初希望していたチームで力を合わせて仕事をする社風なので、毎日が楽しくとても充実しています。

私はリアルソフトが3社目でして、1社目ではリアルソフトと同じような業務システムの開発の仕事をしていました。そのときにシステムには力を入れているけれど、デザインがあまり良くないことが多くデザインに興味を持ちました。
そこでUXやデザインの勉強をして、デザインメインのIT会社に転職をして主にWEBやアプリのデザインの仕事をしていました。

中島麻織

2社経験して感じたことは、システムとデザインのどちらか一方だけ頑張ってもダメで、双方が補い合うことでより良いものになるということです。
私の強みはその両方の視点を持てることだと思いますので、そのスキルを生かして、利用する方がより使い心地のいいUI(ユーザーインターフェース)をデザインされたシステムをリアルソフトのみんなで作っていきたいです。

中島麻織

「何をするか」よりも「誰と働くか」

子供がいると自分のやりたいことなどが後回しになりがちになるママさんは多いと思います。もちろん私も子供が一番大事です。そして同じように自分の人生も大事にしたいと考えています。

私は働くことが好きなので、人生を楽しむ上で仕事の時間を充実させることはとても大事だと考えています。仕事の充実というのは、何をするかということも大事ですが、誰と働くかということがとても大事なことだと今回の転職活動を通じて思いました。
リアルソフトに転職して本当に良かったです。

My Favorite

中島麻織

ベビーウェアリング

子供を抱っこしたりおんぶしたりできるアイテムです。日本ではあまり取り扱いがないため、スコットランドやドイツなど海外から取り寄せたりしています。
赤ちゃんと密着できて重宝しています。色々な生地やデザインもあるので、いつの間にかたくさんコレクションしてしまいました。どれも子供の成長とともに思い入れがあり、大切にしています。
子供が大きくなると抱っこやおんぶの機会も減ってくるので、今のうちにたくさん楽しみたいと思います。

TOP