AccuPickとは

画期的なピッキングシステム

AccuPick3D は、3Dマシンビジョンとディープラーニングを融合させた新しいビンピッキングシステムです。
3Dマシンビジョンとディープラーニングの融合により、検出しにくい物体やパターンも認識できるようになり、以前は不可能または難しいと考えられていた多様で複雑な作業も可能になりました。

また、多くの業界の幅広いアプリケーションに対応しており、オプションのソフトウェアモジュールを使用して、ビンの衝突を防ぐためにロボットアーム経路プランニングを高速に実現いたします。

素早くシームレスに3Dスキャン、Al ベ一スの認識、モーションプランニングを統合するAccuPick3Dは、ピック&プレ一ス要件の最適なソリューションです。

AccuPickは台湾の台北に本社を置くSOLOMONの製品です。
SOLOMON社について

AccuPickのビンピッキングソリューションがVision Systems Design誌の2019 Innovators Awardsの金賞受賞いたしました。授賞式は米国時間4月8日にシカゴのオートメイト展示会で開催されました。

動画でみるAccuPick

AccuPickの特徴

3Dで認識!
トレーニング時間を短縮

複雑なまたは不規則な形状のワークをランダムな姿勢で、機械に認識させるトレーニングに通常多くの時間を要します。

AccuPick3Dを使用すると、ディープラーニングにより、必要なことは複数の写真イメージを入力するだけ。物体を認識させるのは、たとえ複雑な特徴とパターンを持つものであっても、わずか2-3時間で済みます。

3D CADファイルは
不要!

一般的なビンピッキングシステムではユーザがCADファイルを入力する必要があります。 しかし、多くの製品にはCADファイルが用意されておらず、エンドユーザーがそのCADファイルをシェアできない場合もあります。

AccuPickはソフトウェアがトレーニングと学習を行うためCADファイルは必要なく、作業の画像をアップロードするだけの完璧なソリューションです。

16社の主要な
ロボットメーカーに対応

AccuPick 3Dは、16社の主要なロボットメーカーと連携しており、その数は年々拡大しています。

AccuPickは、ロックウェル・オートメーションをはじめ、シーメンス、三菱およびオムロンなどの主要なPLCメーカーとも通信できます。

ビンの衝突回避の
モーションプランニング

ワークとその位置を認識することは1つのことですが、実際にビンに衝突することなくピッキングすることはひとつのチャレンジーになります。

AccuPickの別売りのモーションプランニングモジュールは、ロボットが各ピックを完了するために必要とする最適な経路を素早く特定します。このモーションプランニングはAccuPick 3Dに対応されている16社のロボットメーカーがすべて対応しています。

高速画像スキャンと処理!

AccuPickには、画像あたり0.2秒でスキャンする2台の2.3mpカメラで構成される構造化光スキャナが付属しています。
スキャンしたイメージはXXポイントで構成され、スキャンされたイメージの複雑さに関係なく、1秒以内に処理されます。
高速画像のスキャンと処理により、AccuPick 3Dは工場また倉庫の生産性を向上させるために不可欠です。

AccuPickの活用シーン

ビン衝突を回避する高速の
経路プランニング

デパレタイジング

製品形状が未知のピッキング

eコマースロジスティクス

様々な形とサイズの製品

小さい製品(1センチ以下)

SOLOMON社について

ソロモンテクノロジーは台湾・台北に本社を置き、エンジン発電システム、ガスエンジン発電システム、産業オートメーション、ディスプレイパネル、電子部品などの製造を手がけている。
設立から40年以上の歴史をもち、台湾では大手ベンダーに位置づけられており、AccuPickのビンピッキングソリューションは、Vision Systems Design誌の2019 Innovators Awardsの金賞を受賞するなど最先端技術に取り組んでいる。

株式会社リアルソフトと2019年に正規代理店契約を締結。

SOLOMON TECHNOLOGY CORPORATION
No. 42, Sing Zhong Rd. Nei Hu Dist., Taipei, Taiwan

AccuPickに関するお問い合わせ・資料請求など
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム

当社はSOLOMONの正規代理店です

リアルソフトの取り扱い製品一覧

サービス一覧ページはこちら

TOP