矢越貴之インタビュー

人を知る

Yagoshi Takayuki

矢越貴之インタビュー
  • 2011年入社 新卒採用
  • システムエンジニア

矢越 貴之

先輩後輩関係なく
意見を提案し合うことが
当たり前の会社

就職活動でポイントだったこと

子供の頃からコンピューターが大好きでエンジニアになりたくて、4年制のIT系専門学校で勉強し、新卒でリアルソフトに入社しました。
就職活動中にポイントとしていたことが2つありました。 1つ目は、社内の雰囲気が自分に合いそうかどうか。2つ目は、仕事内容と技術的な面で新しい技術を使っているかどうかでした。
2つ目のポイントの「新しい技術」という点については、新しい技術についても貪欲に取り組む会社は将来性があると考えていましたし、そういう会社で色々なこと学び開発していきたいと思っていたからです。
リアルソフトに面接で来た時の社内の雰囲気もとてもよかったですし、仕事内容も希望通りでしたので、ここに入社したいと思いました。実際働き始めても、面接の時に感じたことと違いはなかったですね。

矢越貴之インタビュー

技術力をより深く、より幅広く

専門学校では基礎や基本を中心に勉強してきましたが、実務になるともう一歩進んだ技術力が必要でした。 大変ではありますが、勉強したことが実務によって理解を深め応用力が身についていくようになって自分が嬉しいです。
実務を通して新しい技術を習得できることも、自分のできることが増えていき楽しいですね。例えば、ネットワーク周りの技術も、実務を経験していく中で習得できた技術の一つです。
当社の社長は資格に重きを置いていないのですが、まさに実務経験に勝るものはないと思います。

僕はモノを創ることが大好きなので、自分が作ったものが思った通りに動いた時の気持ち良さは、 この仕事についてよかったと思う瞬間でありやりがいです。
これからの目標はもっと自分で判断できる人になっていくこと。役割としてはプロジェクトリーダーなども挑戦していきたいと思います。

矢越貴之インタビュー

リアルソフトは自由で好きなことができる会社

自由で好きなことができるとは、言われたことをするだけではなく、自分がベストだと思う方法を考えて行動できるという意味。例えばあるプロジェクトにおいて、どういう技術を使って作っていくかなどを、自分で考えてお客様に提案することもできますし、社内でも先輩後輩関係なく意見を提案し合うことを当たり前にしている会社です。
開発技術が好きな方や、新しい技術を突き詰めたい方などにはすごく良い職場だと思います。そういう仲間がこれからもっと増えて、お互い切磋琢磨しながら良い仕事をどんどんしていきたいですね。

My Favorite

スカイライン

スカイライン

スカイラインには昔からあこがれていて21才の時に初めて購入しました。 今4代目のスカイラインに乗っています。 メンテナンスとか大変ですけど、とにかくカッコイイんです! 大好きですね、きっとこれからもスカイラインに乗り続けていきます。 あと最近はサバゲーも好きで、休日はよくスカイラインに乗ってサバゲーに行きます。

TOP